仮想通貨は今が買い時?買うならこれがおすすめ5選 | ここからボックス

仮想通貨は今が買い時?買うならこれがおすすめ5選

仮想通貨もう終わりでしょ?

と言う方もいますが、私は仮想通貨はむしろこれからだと思っています。

投機の意味もそうですが、技術的にも今後は仮想通貨のブロックチェーンなどの技術使用が本格化されて、物理的な通貨はその必然性が問われてくると思います。

2018年は仮想通貨の年と思っていましたが、まだまだ準備段階の年で、来年から2020年くらいが本格的な仮想通貨の年となっていきそうです。

そんな中、今から少しでも仕込んでおくと良さそうな仮想通貨を選んでみました。

投資は自己責任が前提ですが、何かの参考なれば幸いです。

<注意>

当記事ではトークンと仮想通貨を明確に分けて記載していません。
実際には違いがありますが、当記事の中で厳格に違いを意識する必要がないためです。

仮想通貨、トークンとの違いは、簡単にいうと以下です。

 仮想通貨:新たなブロックチェーン技術を利用して作成された通貨
 トークン:既存のブロックチェーン技術を利用して作成された通貨

実際、多くの仮想通貨(と言われているもの)は、イーサリアムのブロックチェーン技術を利用して作成されており、本来トークンと言われるものです。
ですが、一般的にはそれも仮想通貨の1つとして認識されています。
例えば、MINDOL(ミンドル)もETHベースのトークンです。
新たな技術が売りの仮想通貨ではなくて、その利用目的(企画的なもの)が売りの仮想通貨は、既存の仮想通貨技術を使用して、「トークン」を作成しています。

仮想通貨の今後

仮想通貨は2017年末の高騰で一気にメジャーとなりました。

その後、一気に価格は下がりましたが、再度の高騰や新たに高騰するコインを求めて仮想通貨への投資が加速しました。

その中にはICO(イニシャル・コイン・オファリング)もあり、こぞって新しいコインを購入された方も多いと思います。

私もその一人です。

ICOというのは株取引で言うところのIPO(新規株式公開)に近いもので、公開前に安価で手に入れて、上場後に値上がったところで利益確定する目的で、購入する方が多かったと思います。

しかし、仮想通貨のICOはそのほぼ全てが失敗に終わり、酷い場合はコインの配布が行われない、コインが配布されても価格が暴落し大損するものがほとんどでした

そんなこともあり、仮想通貨は危険という方がいますがそれは違うと思っています。

確かに、ICOなどで、怪しい仮想通貨に手を出してしまうと詐欺にあってしまったり、上場はしても買値の10分の1の価値やそれ以下になってしまったりすることもありました。

先日はMINDOL(ミンドル)という仮想通貨で松居一代さんが宣伝広告の契約未履行で訴えてテレビの話題になりましたが、その後MINDOLは購入者に約束していた、仮想通貨初のTOBを実行せず、社長が退任しました。

これは「アブダビにある投資会社がMINDOLコインを公開買い付けする」という話をMINDOLの公式サイトで発表し、「TOBは必ず実行します」と、当時の社長がビデオメッセージをアップするなどして、公募したものです。

当時150円/枚(TOBが公開されたタイミングではもっと安かったと思います。)でやりとりされていたMINDOLを300円程度で買い取るという話になりましたが、上記の通りTOBの約束は一方的に未実施となり、その価値は10円以下になりました。
150円が2倍になるという話に乗って資産を投入した方は15分の1以下のまさに紙くずにされました。
(その後、一時的に値上がりがあったので、うまく売り抜けられた方は良かったですね。。)

こんな話をすると、「やはり仮想通貨は危険」と思われるかもしれません。

しかし、仮想通貨は本来投機としての要素だけではなく、技術革新が目的で、今後は間違いなく、通貨としてのスタンダードになっていくものです

中国は現状仮想通貨を禁止していますが、水面下ではドルに変わる基軸通貨として仮想通貨を準備しているとも噂されています。

怪しい通貨に投資して失敗しなければ、資産を大きく増やすチャンスはまだまだある、いやむしろこれからと言えるかもしれません。

仮想通貨は何を買えばいいのか?

では、「どんな仮想通貨を購入すればいいのか」ですが、いくつかチェックしておかなければいけないことがあります。

1.わからなければ、怪しい通貨には手を出さない

先ほど申し上げた通り、仮想通貨には怪しいものもたくさんあります

怪しいものがほとんどと言ってもいいかもしれません。

なので、よくわからない仮想通貨には手を出さないのが安全です。

2018年はたくさんのICO案件がありましたが、世に出回ってるもののほとんどは無価値、もしくは大きく価値を下げました。

Youtuberが紹介しているものは基本詐欺ものとも言われています。(全てを否定するものではありません^^)

仮想通貨は、すでに1500種類以上あると言われており、上場されているコインだから安全というわけではありません。

逆に将来爆上がりする可能性もあるのが仮想通貨、現在ただ同然のコイン(草コイン)に投資して、将来的な爆上がりを狙うのも購入の仕方の一つではありますね^^

2.通貨に価値やビジョン、技術的なメリットがあるものを選ぶ

仮想通貨にはそれぞれ開発した目的やコインによっては他のコインより優れた技術をうたっているものもあります。

例えば、ripple(リップル:XRP)はその技術により国際送金を安価・迅速に行うことができるということで、日本も含め各国の銀号が使用を表明しています。

技術的なことを詳しく知りたい方は以下などを参考にしてみてください。

https://crypto-times.jp/what-is-the-difference-between-xcurrent-and-xrapid/

おすすめ仮想通貨

それでは個人的にオススメな仮想通貨を具体的にご紹介します。

ビットコイン(BTC)

まずはビットコイン

技術的には後発物に優れたものがたくさん出ていますが、現時点で仮想通貨といえばビットコインです

仮想通貨の分類もビットコインとアルトコインに大別されるほどです

ビットコインかそれ以外のコインということですね。^^

実際、ビットコインが上がればアルトコインも上がり、下がれば下がるというのが現状の相場にもなっています。

2018年12月22日時点で43万円程度ですので、2019年は値上りが期待できるコインの一つです。

イーサリアム(ETH)

続いてイーサリアム

先日リップルに取引量は抜かれて3位になりましたが、まだまだ仮想通貨の基軸通貨としての役割を持っています

ビットコイン同様、ほぼ全ての取引所で利用が可能です。

別の仮想通貨を購入するために、購入する取引所に現金または仮想通貨を入金する必要がありますが、その交換用のコインとしてイーサリウムを使用することが多いです。

イーサリアムは「スマートコントラクト」という機能があります

ブロックチェーンのやり取りの中に契約の内容を埋め込めるというものです。

ブロックチェーンは改変や偽装ができないのが売りですので、契約内容を埋め込むというのは非常に相性が良いですよね。

ビットコインなどとは異なり、イーサリアムはブロックチェーン上に取引と一緒に「契約も記録することが出きる」ということです。

イーサリウムも2018年12月現在大きく下落していますので、2019年に向けて仕入れておくのもありだと思います。

リップル(XRP)

リップルはその技術的なメリットから今後が期待されている通貨です

国際送金を安価・安全・迅速に行うことができるということで、日本も含め各国の銀号が使用を表明しています。

リップルも2019年に向けて値上がりが期待できるコインの一つといえます。

BitbankやDMM、ビットポイントなどの日本の取引所でも購入できるのも敷居が低いですよね。

カルダノ(ADA) エイダコイン

エイダコインはカルダノ財団が運営している仮想通貨です

イーサリアムの開発メンバーであるチャールズ・ホスキンソン氏が中心メンバーとして開発されている仮想通貨です。

こちらが詳しいです。
https://throwsmallstone.com/altocoin/ada/html

ビットコインやイーサリアムの問題点を改善して一番良い仮想通貨を目指して開発しているそうです。

イーサリアム同様「スマートコントラクト」を搭載し、ビットコインのマイニングにかかる費用を削減してマイナーの負荷を軽減し送金の時間を短縮するなど、いくつか改善されたコインです。

根強いファンも多く、大きく値上がりも期待される仮想通貨です。

Aidos Kuneen (ADK)

2018年12月18日に仮想通貨初のETF(上場投資信託)が決まった通貨です。

これは非常に大きな出来事ですよね

仮想通貨は通常、仮想通貨の販売所、取引所で売買が必要となるため、口座開設などが非常に面倒、かつ不安で手を出せない人が多いと思いますが、ETFであれば投資信託会社や証券会社で売買が可能なため、かなり敷居が低くなります。

ETFについてはこちらが詳しいです。

https://www.nikkoam.com/products/etf/about

価格は、コインとETFではマーケットメークのチームにより、おおよそ同じ金額になるようにコントロールされるので、コインの価格が上がればETFの価格も連動して上がることになり、実質的に仮想通貨に投資するのと同じこととなります。

ADKについてはこちらのブログで詳しくまとめていますので、参考にしてください。

来年早々ETFの運用が開始されますので、値上がりが期待されますね。

購入は現在は自身で運営している取引所(ADOSMarket)で購入が可能です。

https://aidosmarket.com/

グローバルゴールドトークン(GGT)

個人的にはもっとも期待しているトークンです。

Goldlinksという中国の会社が管理しているトークンですが、面白いのは「デュアルトークン構造」と言うのを採用しているところです。

仮想通貨としてはグローバルゴールドキャッシュ(GGC)というトークンを発行していますが、GGCとGGTは連携しています。

GGCは物理的な金に裏づけされたトークンで、実際に100GGC=金1Gとして第3者機関に相当する金を預けて管理しています。

金といえば金融不安があれば「金を買え」と言われるほど信頼がある金融商品ですが、それを担保としたトークンということで、いわば金を買っているのと同じだというのです。

実際に金に交換することも可能です。

一方、GGTの位置づけですが、
Goldlinksコミュニティメンバーの共通トークンと言うことで、GGCが金本位のデジタル通貨として社会的に認知されればされるほど、GGTの価値が上がると言うことになります。

GGCという商品を売っている会社(Goldlinks)の株価が、GGCが売れれば売れるほど上がる、という感覚です。

では、GGCが認知されるのかと言うことですが、GoldlinksのHPにも書かれていますが、「2019年第二四半期に国家主権のファンド導入」ということを明言していますので、国家レベルで、GGCを推進していくことが期待できます。

http://www.goldlinks.one/ja/

仮想通貨の世界で、ドルに変わる基軸通貨の位置を狙っているのかもしれません。

そうなったら、とんでもないことですよね〜

ワクワクします^^

どうなるかはわかりませんが、今なら1GGT60円くらいなので宝くじ感覚で購入しておくのも良いかもしれません。

購入は現在ビットフォレックスという取引所のみです。

もっとメジャーな取引所に上場してほしいなと思いましたが、世界10位の取引を誇る取引所なんだそうです。

https://www.bitforex.com/


まとめ

いかがでしたか?

2018年は価値のないICOが怒涛のように開発され、それを買い漁る構図で、結果的に損をした方が多かったと思います。

2019年(以降)は仮想通貨の実用化が始まる年だと思っています。

万が一なくなってしまっても大丈夫なお金(宝くじを買う感覚)で、仮想通貨に投資をしてみるのもありではないでしょうか?

ご紹介したものは個人的に比較的希望が持てる仮想通貨ではないかと思っています。

注意)
投資はあくまでも自己責任となります。
利益を保証するものではありませんし、損失が発生した場合も責任は持てませんので、投資される方はご自身の判断でお願いします。

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください