1. TOP
  2. 袋田の滝 2017年の紅葉状況は?

袋田の滝 2017年の紅葉状況は?

ライフスタイル
この記事は約 8 分で読めます。 1,156 Views

夏も終わりに近づき、紅葉のシーズンが気になっている方も多いですよね。
2016年は気候の問題で関東各所は紅葉の色付きはいまいちでしたので、今年に期待している方も多いと思います。
ということで、今年も大好きな袋田の滝の紅葉状況を報告します。

袋田の滝って?
という方には後半で袋田の滝について紹介しています。

袋田の滝の紅葉状況

2017年8月20日現在、今年の紅葉状況はまだ発表されていないようです。
地元の人のお話ですと例年は11月上旬ぐらいからが見頃ということです。

袋田の滝はライブカメラが設置されていますので、気になる方はライブカメラでご確認ください。
カメラの画像を見てわかりますが、水しぶきが飛んできてカメラが濡れています。
さすがは日本三名瀑の一つ、迫力があります。

http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000588.html

カメラからでも迫力が伝わってきますが、ぜひ実際に見に行ってほしいです。素晴らしい景観です。

紅葉が近くなりましたら例年ウェザニューで見頃情報が公開されますので参考にしてください。

袋田の滝の紅葉見頃情報はこちら(今年はまだ公開されておらず、昨年のリンク先です。公開されたらリンクを貼り替えますね)
http://weathernews.jp/koyo/cgi/search_result.fcgi?id=24002

 

以下は2016年10月22日に袋田の滝に行った際の写真です。紅葉の時期に観光に行かれる際に参考にしてください。

第2観瀑台から見た景観
第2観瀑台第3デッキ

img_6781_r

 

第2観瀑台第1デッキ

img_6779_r

 

この時は水量が少なめでしたが、それでも第1観瀑台に降りると迫力があります。

第1観瀑台からの景観

img_6808_r

 

袋田の滝とは?

袋田の滝ってもっと有名だと思っていたのですが、知人に週末に袋田の滝に行ってくるという話をしたら、袋田の滝ってどこにあるの?って回答でした。
県外の方には意外と知名度がないのかもしれませんね。

袋田の滝は茨城県北部、久慈郡大子町袋田にある、長さ120m、幅73mの崖を流れるように落ちてくる滝です。

袋田の滝は栃木県日光の華厳滝、和歌山県熊野の那智滝とともに日本三名瀑のひとつとされており、当然のことながら日本の滝百選にも選定されています。

また、日本国指定名勝にも指定されています。

滝が4段に分かれており、その造形から別名「四度の滝」とも呼ばれています。
平安の歌人西行法師が、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と、この滝を絶賛したと伝えられていることから名づけられたとされる説もあります。

西行法師が

「花もみち 経緯にして 山姫の 錦織出す 袋田の瀧」

と詠い、その魅力を称えたそうです。

 

また、かの光圀公もこの地を訪れ一句詠っています。

「いつの世につゝみこめけむ袋田の布引出すしら糸の瀧」 徳川光圀(水戸黄門)

 

大町圭月も四度の滝を詠っています。

「御空より巌を傅ひて飛落ちてすべりて散りて四度の大瀧」 大町圭月
岩肌をすべるように白糸のような滝が、いく段にも流れており、とてもしなやかで美しい滝です。
一方水量が増えると荒々しく、観瀑台には水しぶきが掛かるほどです。

春は新緑の滝、初夏水量が増え、荒々しさを感じることができ、秋は美しい紅葉、冬はなんと氷瀑します。
滝の凍った姿ってなかなか見れませんよね。
冬はその姿を見に来る方だけでなく、凍った岩肌を上りにクライマーの方たちも訪れます。

 

また、袋田の滝は冬場になると「大子来人~ダイゴライト~」と称しライトアップをしています。
こちらは昨年の袋田の滝のライトアップスケジュールです。(金土日の週末と祝日、年末年始に実施)
今年も同じようなスケジュールでライトアップすると思います。

ライトアップは20時まで実施しています。

daigo茨城県大子町観光協会公式HPより

 

袋田の滝 場所

所在地:〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3-19

袋田の滝 料金・利用時間

料金:大人 300円 小人 150円 (高校生以上は大人料金)
利用時間:午前8時から午後6時まで (11月から4月は午前9 時から午後5時まで)

 

袋田の滝へのアクセス

電車

東京方面からですと、JR常磐線で上野⇒水戸 JR水郡線で水戸⇒袋田駅 袋田駅⇒滝本行きバス(約10分) 滝本下車で徒歩約10分です。
袋田駅からタクシーでも10分程度です。

自動車

常磐道 那珂IC⇒国道118号 下道50分程度かかります。

途中、常陸大宮「かわプラザ」という大きな道の駅がありますので、トイレ休憩はここが便利です。

できたばかりで建物もきれいで、公園も隣接しており、バーベキューもできるようです。
お土産も売っていますし、地元でとれた野菜や果物などもたくさん売っていました。
お蕎麦やお米、お茶が有名だと言っていました。
電気自動車(EV)用の充電スタンドも併設されています。

道の駅常陸大宮「かわプラザ」
〒319-2211 茨城県常陸大宮市岩崎717−1
www.michieki-hitachiomiya.jp

 

駐車場

無料駐車場は2か所あります。
どちらも滝に向かって右側です。
町営第1駐車場・滝入口まで1.25キロ(50台)

町営第2駐車場・滝入口まで1.45キロ(220台)

混雑していないときは滝に近い第1駐車場がおすすめですが、停車できる台数が少ないため比較的すぐに埋まってしまいますので、紅葉の時期などは第2駐車場を目指していかれたほうが良いかもしれません。

昨年10月22日の第一駐車場の様子です。

img_6765_r

バスの中から撮った写真なので不鮮明ですが、10:30頃で結構埋まっていました。
紅葉のトップシーズンだと駐車は厳しいかもしれません。

第一駐車場、第二駐車場ともにトイレも併設されています。
また、第二駐車場には電気自動車(EV)用の充電スタンドも併設されています。

有料でもよければ滝入口の近くにも駐車場がたくさんあります。
3~500円程度ということですので歩くのが面倒な方は有料駐車場を利用されてもよいと思います。
また、お土産屋の駐車場は帰りにお土産を購入するという前提で無料で駐車できるところもありますのでお店の方と交渉してみてください。私も前々回行ったときはお土産屋に停車しましたが、その条件で無料で駐車させていただきました。(どの土産屋だったかは忘れてしまいました^^;)

img_6869_r

一般車が入れるのは上の写真のところまでです。(写真手前が袋田の滝側)
一般車両はここでUターンする形になります。
右手に写っている駐車場がおそらく一番滝に近い有料駐車場です。

滝入口から滝に向けては写真のような土産屋が並んでいます。(写真は滝側から撮ったものです。)

img_6861_r

 

右手から来て少し坂を上ります。

img_6858_r

 

途中お約束の撮影ポイントもあります(笑)img_6857_r

 

こちらでチケットを購入。
大人300円、子供150円です。img_6852_r

滝つぼまでは歩行者専用トンネルを通っていきます。img_6851_r

昨年ははアーティストによるオブジェが飾られていました。

img_6772_r

img_6770_r

 

恋人の聖地ということでハートのオブジェクトもあります。
パワースポットらしいです(笑)img_6845_r

 

ここを抜けるといよいよ袋田の滝とご対面
まずは第1観瀑台

img_6817_r

 

トンネルの奥にエレベータがあり、上に昇ると滝を上部から眺めることができます。

img_6779_r

 

第1観瀑台右手には吊橋があります。

img_6821_r

 

吊橋方面からの眺めはこちら、左に移っているのが第1観瀑台です。img_6824_r

トンネルの中にはいくつかお参りのポイントもimg_6801_r

 

滝に向かう途中にも神社(?)があります。四度瀧不動明王が奉納されているそうです。

img_6859_r

 

 

袋田温泉

袋田には温泉もあります。
袋田の滝近くの「袋田温泉 思い出浪漫館」ではお食事もそうですが、日帰り温泉(1000円)も楽しめます。

今回は町内会の日帰り旅行で行ったので、寄り道ができませんでしたが、袋田の滝に訪れたらぜひ行っていただきたいのが「月待の滝」です。

別名「裏見の滝」または「くぐり滝」とも呼ばれ滝の裏側に入れるんです。

utu7_R

マイナスイオンをたくさん浴びでリフレッシュしてきましょう~

夏場なら水遊びもできるのでお孫さんを連れて行ったら喜ばれそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

ちょっと紅葉のシーズンには早すぎましたが、それでも四度の滝の素晴らしさを満喫できました。

11月中旬ごろから紅葉のピークを迎えそうですので、ぜひ足を運ばれて見てはいかがでしょうか?

袋田温泉、月待の滝にもぜひ足を延ばしていただきたいと思います。

 

また、近くにある竜神大吊橋の紅葉の状況も記事にしましたので、ぜひご覧になってください。

こちらもおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

ここからボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ここからボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ここからボックス編集長

IT関係の会社に勤めるプロジェクトマネージャー。子育てもひと段落し新しい自分を模索しています。そんな同年代のお父さんお母さんへの自分磨き、自分へのご褒美になるような記事を紹介していきたいと思っています。

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • ハンドスピナー!どこで買う?一番回るタイプ?長く回すコツ!かっこいいトリックは?

  • ホワイトデーお返し、あなたのセンスが光るサプライズなお返し6選

  • うつ病からの職場復帰ってどうなる? 復調から職場復帰までの進め方

  • 【空の巣症候群】ってどんなもの? なりやすいタイプや、症状、対処法