1. TOP
  2. 更年期の顔汗に悩む40~50代女性必見!汗発生のメカニズムから対策・改善方法まで徹底リサーチ!

更年期の顔汗に悩む40~50代女性必見!汗発生のメカニズムから対策・改善方法まで徹底リサーチ!

健康
この記事は約 7 分で読めます。 237 Views

最近、どうも疲れやすくなったり、身体がだるくて何もやる気が起きない、頭痛やめまいが起こる…。

内科を受診して、血液検査などをしても、特に異常はない。いったい何が原因なの!?

40代半ばから50代にさしかかり、このような症状や問題を抱えて悩む女性が多いのですが、もしかしたら私も?

と察したら、それは更年期障害による、多汗症が始まったのかも知れません。

そのひとつの特有な症状に、「顔汗」がひどくなることがあげられますが、今回は、多汗の原因・メカニズム・顔汗の解消法・対策商品などをくわしく紹介していきます。

多くの女性が悩む更年期障害の症状「ホットフラッシュ」とは?

女性が閉経前後の40代後半~50代にさしかかり更年期を迎えると、季節や気温、運動の有無を問わず、突如として暑さを感じて上半身が熱くなり、大量の発汗を経験します。

また、頭がクラクラしてボーッとなる「のぼせ」、顔やカラダ全体が、カーッと熱くなり紅潮する「ほてり」のような状態も合わせて、更年期障害の代表的な症状「ホットフラッシュ」と呼びます。

そして、顔汗がひどくなった、頭部・額から流れ落ちるスゴイ量でメイクも解けて流れてしまい困っている、という女性の悩みを持つ人は少なくないようです。

なかには、30代から40代前半でも、そのような症状が起こる場合もあり、それは若年性更年期障害と呼ばれ、大半は婦人科で診察と診断が下されます。

それでは、いったい何が原因で、そのようなことが起こるのでしょうか?

頭部や顔・額が多汗になるホットフラッシュのおもな2大原因

頭部や顔・額が多汗で悩む1つ目の原因は、疾患によるものです。

甲状腺の異常や糖尿病の疾患があると、顔汗が増えることがよく見受けられるようです。

更年期が過ぎ去れば大半は治るようですが、個人差もあります。

ただし、留意する点としては、他の病気が原因で起こる可能性もあることなのです。

症状が長期間に及んだり重くて心配な場合には、医療機関である総合・大学病院やクリニックの専門医の診察、検査などを受け、病気ではないことを確かめておく必要があります。

2つ目は、メンタル面での原因です。頭部・顔、特に額の周辺はエクリン汗腺が密集しているため、精神性発汗が生じやすい部位になります。

更年期障害のホットフラッシュの症状

ホットフラッシュの症状は時間に関係なく発症し、緊張したり、メンタルストレスがきっかけになって起こる場合もあります。

また、その後に急激に体温が低くなったり、上半身はほてっているままなのに、下半身は冷えてしまうといった状態になることもあります。

ホットフラッシュの起こるメカニズム

更年期を迎える前後に生じる閉経により、卵巣の機能が低下して女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが少なくなります。

その理由によって自律神経の均衡が崩れて、血管の拡張と収縮の抑制がうまく効かなくなり、昼夜を問わずホットフラッシュの発症につながります。

若年性更年期障害は、メンタル面でのストレスや急激なダイエット、食生活の乱れによりバランスの良い栄養素を摂取できないこと、不規則な生活リズムなどによって発症しやすくなります。

更年期の顔汗対策方法

気になれば気になるほど顔のほてりや発汗がひどくなってくる…。ホットフラッシュはとてもつらい症状です。

そこで、しっかりと対策法や解消法の知識を得て、少しでも軽減するようにしましょう。

「更年期だからしかたがないのよね…。」などと思ってそのまま放置しておくと、症状が重くなることもあります。

例えば、日常生活に差支えが出るほど重症になる場合もあるようです。

そのようなケースは、速やかに婦人科の専門医の診察を受け、症状をやわらげたり、治療することをおすすめします。

また、精神的発汗の場合は、心療内科やメンタルクリニックの受診が必要になるでしょう。

ただし、まったく更年期の症状を感じない女性もなかにはいるようです。しかし、人それぞれ、また遺伝によって更年期の症状の重さや期間は異なりますが、数年間は継続するのが一般的といわれています。

また、長い場合では、10年以上にわたることも少なくないようです。

更年期の顔汗・額の汗の対処としては、毎日の生活において、シンプルに実践でき、持続可能な方法を習慣付けてしまうことが大事なポイントです。

更年期の顔汗によるメイク崩れの対策には?

さらに、女性の顔汗には、メイクが崩れるという問題点があります。そこでおすすめしたいのが、「薬用ノエミュ」という医学部外品です。

配合された成分で、顔汗をしっかりと防御。1日中、サラサラの肌をキープすることが可能な、今、女性の間で、話題を呼び高い人気と評判と集めている顔汗専用デオラント、安心の肌に優しい無添加医学部外用商品です。

くわしい内容は、以下の記事で詳しく特集しましたので、興味のある場合は、参考にしてみてください。

毎日の食生活に取り入れられる更年期障害に効果的な食材・生活習慣

更年期障害の症状を和らげるのに、効果的な食材として「納豆が挙げられます。多汗症にも効き目があるようです。

納豆が含有しているイソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲに、とても類似している成分が含まれているからです。

薬剤を注入するホルモン療法を選択しないで、納豆を毎日の食事に取り入れることによって、汗を多くかくことが減らせたり、更年期障害による大量の発汗を防ぐことが出来るようです。

納豆がどうしても苦手な場合には、同様にイソフラボンを多く含んでいる「豆乳」をおすすめします。

白砂糖ではなく健康的な蜂蜜や黒砂糖を混ぜたり、コーヒー粉末や牛乳で割っても飲みやすくなるでしょう。

更年期障害の症状を軽減する生活習慣

そして、ホットフラッシュが起こると、顔や上半身などが、カーッと熱くなってほてりますが、下半身や手足の指先などの末端部分は冷えている状態です。

そのような場合には、約40℃のぬるめのお湯に最低20分ほどゆっくり入って、身体の芯から温めます。

自立神経のバランスを整えるためにも、血流を促進するにもたいへん有効です。

また、入浴後2時間ほど経つと自然に体温が下がります。

人の身体は、一度全身の温度が上昇して、下がり始めた頃に、眠くなるようにできているため、そのタイミングで就寝するようにすると、質の良い睡眠が確保できるようです。

そして、毎日の生活のなかに、散歩・ウォーキング・サイクリング・ヨガなどの、身体にあまり負担が掛らない軽い運動を習慣として取り入れてみましょう!

そのように自立神経を整え、身体全体からの汗を出すことを促進することが効果的です。

突然のホットフラッシュ発汗対策法

どこでも、いつでも突如として、起こるホットフラッシュ。カーッと顔が紅潮し大量の汗がダラダラ…。ホントに困ってしまいますよね。

とっさの対策法としては、首の後ろ側にある太い血管を冷やすことで、取りあえず応急処置として、その場をしのぐことが可能になります。

また、ウェットティッシュ・冷えピタ・冷却ジェルなどの熱さまし用シートを、 外出時には必ずバッグの中に準備しておきましょう。

ホットフラッシュでかく汗は悪い汗の種類で、べた付きがあって不快な汗になります。周囲に与えるにおいの影響にも配慮が必要といえるでしょう。

ツライ更年期の症状を自分なりの対策法で乗り越えよう!

今回は、更年期障害の症状、ホットフラッシュや顔汗の原因や、対策法について紹介してきましたがいかがでしたか?

更年期とは症状の差こそあれ、女性ならば誰にでもあるもの。そしてその時期は、いわば人生の折り返し地点ともいえます。しかし、いつか必ずとおり抜ける日がやってきます

平成27年の厚生労働省調査によると、女性の平均寿命は、86.99歳でした。これからまだまだ先は長いのです♪

「更年期障害の顔汗」を極度に心配したり、不安になったりせずに家族やパートナー♡友人に相談して自分のツライ気持ちを解ってもらうことが大切です◎

そして、前向きに楽しめる趣味やスポーツをライフスタイルに取り入れ、自分なりの対処法をあれこれと思案しトライしながら、悩みやストレスを軽減して、うまく付き合いながら乗り越えていきましょう

\ SNSでシェアしよう! /

ここからボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ここからボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

michiko117

michiko117

初めまして、ライターのmichiko117と申します。獅子座・金星人プラス・A型。趣味は白い花でまとめるガーディニング・料理・旅行・ドライブなどです。どうぞよろしくお願い致します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 必見!夫の様子から確実な証拠をつかんでくれる敏腕探偵事務所情報公開!

  • 中高年世代の聡明生活サポートサプリ!【プラズマローゲン&レッドDHA】の効果が今、”うっかり”と”物忘れ”対策に最適!

  • 更年期の顔汗に悩む40~50代女性必見!汗発生のメカニズムから対策・改善方法まで徹底リサーチ!

  • 薬用ノエミュ│顔汗に悩む人に、強いミカタ登場!即効性に優れ皮脂やテカリもブロック!もう多汗症なんか怖くナイ☆