1. TOP
  2. 鼻の黒ずみケアおすすめランキング!鼻の黒ずみケアはこれで決まり!

鼻の黒ずみケアおすすめランキング!鼻の黒ずみケアはこれで決まり!

 2016/12/15 ライフスタイル 美容
この記事は約 10 分で読めます。 816 Views

鏡を見た時に気になる鼻の黒ずみ。

なんだか目立ってきたなと急に気になる様になってきたという方はいませんか?

毎日、ちゃんと化粧も落として、洗顔もしているのに、どうしてだろうと思う人も少なくありません。
でも、その洗顔方法間違っていませんか?

今からでも大丈夫!今日から間違った鼻の黒ずみケアを変えましょう。

鼻の黒ずみの原因を知って、正しい鼻の黒ずみケアをすることが大事です。

放置厳禁です。鼻の黒ずみに特化したケア商品5選もご紹介します。
もう気にしない、気にならないきれいな鼻にしましょう。

 

鼻の黒ずみの正体を探る

 

鼻の黒ずみとはいったいなんなのでしょう。

そもそも、毛穴に詰まっているものは、角栓と呼ばれているものです。
それは皮脂だけではない様です。

角栓は古い角質がほとんどで全体の7割、そのほか皮脂などが入り混じっています。

顔のTゾーンと言われるあたりは、皮脂分泌が多い場所です。

女性で多いのが、化粧崩れはこのTゾーンが激しいという人も多いですね。

乾燥肌だと思っていても、実はこのTゾーンは脂性という人も少なくありません。

角栓の出来る原因

原因①

毛穴の皮脂腺という場所から常に分泌されている皮脂は毛穴から外にでています。

正常な状態では、普通に洗顔して、いらなくなった皮脂などを取り除いていますが、分泌されている皮脂が過剰になることがあります。

毛穴から外にスムーズに出れなくなったり、洗顔だけでは取り除けなくなったものが毛穴に詰まって角栓になってしまう原因になります。

原因②

肌の再生状態が悪い(ターンバーンが遅れる状態)と、古くなっていらなくなった角質が毛穴の中にたまってしまって角栓になってしまう原因になります。

角栓の中身の正体

・古い角質
・皮脂
・クレンジングの落とし残りの化粧
・空気中の埃や塵

この様なものが入り混じって角栓になっています。

毎日の洗顔で綺麗になっているはずだと思っていても、肌表面の汚れしか取れていなくて、毛穴に詰まっている角栓までは取り切れていないという状態が続くとどうなるでしょう。

古い角質や皮脂、化粧が残っている状態を放置してしまうと、皮脂の酸化が始まり、鼻の黒ずみになったり、たまった汚れのせいで、毛穴開きの状態になって、鼻の黒ずみが目立ってきます。

その状態になって初めて鼻の黒ずみケアを意識する人も多いです。

鼻の黒ずみケアの前に、自分の症状と原因をまとめてみます。

その状態によって、鼻の黒ずみケアの方法も変わるので参考にしてみてください。

 

鼻の黒ずみの症状とケア

乾燥毛穴の症状

【症状】

肌の乾燥が進むと、鼻の毛穴のまわりも同じように乾燥してハリがなくなっている状態になります。
ハリのない肌の毛穴は自然と目立ってしまい、黒ずみも目立たせてしまいます

【ケア】

常に保湿を念頭におきましょう。
保湿を守りながら洗顔してくれるものや、セラミド成分配合のスキンケア商品がおすすめです。

毛穴シミの症状

【症状】

紫外線などの影響でメラニンが過剰に作られ、毛穴の周りにたまってできることが原因の状態です。

【ケア】

洗顔後のスキンケアには美白効果のある化粧水が効果的です。
メラニンの生成を抑えてくれる働きに期待しましょう。日々のケアの継続が大事です。

すり鉢状毛穴の症状

【症状】

普段のお手入れで摂れないで毛穴の中にたまっていた古い皮脂が酸化すると毛穴の周りにダメージを与え、すり鉢の様な状態にしてそれが、鼻の黒ずみ状態を生んでしまいます。

【ケア】

脂性の人に多いと言われているこの症状では、朝と夜の洗顔をより丁寧にしましょう。
洗顔後にビタミンC誘導体入り化粧水がおすすめです。
日中でも脂取り紙などを持参して鼻の皮膚表面に出てきた皮脂をこすらず、抑えてとる様に心がけましょう。

月の表面毛穴の症状

【症状】

月の表面、すなわちクレーター状態になって目立てしまった鼻の黒ずみは、ニキビを無理につぶしたりしたことで出来てしまった状態です。

【ケア】

ニキビがもとで出来てしまった肌状態の改善には薬用や、ニキビケア用のものを洗顔やスキンケアで使う事と、セルフケアで難しいときは皮膚科に行かれることをおすすめします。

注*メラニン毛穴・すり鉢状毛穴・クレーター毛穴は状態の進行によって、改善はなかなか難しいという話もあります。それでも自分で出来ることは、それ以上の状態を悪化させない日々のケアとなります。

その他

よく言われているのが、癖でよく鼻を触る人は、手の汚れなどから鼻の黒ずみを作ってしまう人もいるようです。

 

鼻の黒ずみケアで改善できる

鼻の黒ずみケアでNGな事

・洗顔のしすぎ

洗浄力が強すぎるクレンジングや過剰な洗顔は必要な皮脂まで取り除いてしまうことになりかねません。
そのせいで乾燥を引き起こしてしまい、鼻だけではなく、顔全体の毛穴も目立たせてしまいます。
肌の状態にはよくありません。

・洗顔の時に顔をこする

洗顔で気を付けたいのがゴシゴシこするという行為です。
汚れを落とそうとするあまりにゴシゴシはNGです。角質層に過剰なダメージを与えてしまうことは、余計に角質層を厚くしてしまうことに繋がり、毛穴を目立たせてしまいます。
そして肌への負担は、シワなどの原因にもなります。毛穴の汚れも落とせていません。

・剥がす鼻パックは危険

市販の剥がすタイプの鼻パック毛穴ケア商品は、使用後は本当に綺麗になった感じがありますが、実はこれは危険な行為です。まさに剥がし取るという状態で肌に必要な角質層まで取ってしまうことになります。

もし、なにをやっても鼻の黒ずみがとれないというときに使用する場合は、肌が乾燥して状態が良くない時は避けましょう。

そして、頻繁に行うことはNGです。

鼻の黒ずみケアにいい事

・肌再生に効果が高い睡眠時間帯は?

肌再生される時間帯だと言われている時間帯があります。
肌再生に大事なのが、成長ホルモンでこの成長ホルモンがたくさん分泌されるのが睡眠~3時間ほどの間の深く寝入ったノンレム状態の時のようです。
よく耳にする「肌のゴールデンタイム」という時間帯(22時~2時)に質のいい眠りについていることという話をきいたことがないでしょうか。
肌にとって、とても理想的だと言われています。忙しくて22時に就寝は無理と言う方でも、寝入ってから3時間の間は熟睡(質のいい眠り)でいられることは心がけていたほうがいいでしょう。

・正しい洗顔と保湿の方法

①鼻の黒ずみケアを意識した洗顔のときは、洗顔の前に毛穴を開かせてあげるといいでしょう。
蒸しタオルを顔に数分のせてから洗顔しましょう。
③洗顔料はオーガニックのものか、合成界面活性剤入りではないものを選びましょう。
④充分泡立ててから、指が皮膚に触れない様な感じで、泡で洗う様な意識で、Tゾーン中心で洗いましょう。
⑤すすぎは充分時間をかけてぬるま湯で行いましょう。
⑥最後に冷たい水で毛穴を締めましょう。

そして、洗顔後に大事なのは保湿です。肌の乾燥は一年中あると言われています。
夏は冷房や日焼けからも乾燥します。
冬は元々、空気が乾燥する季節です。
加齢とともに特に保湿が大事になってきます。これも鼻の黒ずみケアには大事な事です。

・角栓が取れやすいように毛穴のたまりやすい部分の肌を柔らかく保つ

毛穴に汚れがたまるのが黒ずみの原因ですので、毛穴に入った汚れがたまりにくくするのも大切です。

肌を柔らかく保つことによって汚れが排出されやすくなり、黒ずみが抑えられ、また毛穴の開きも抑止できるため一石二鳥です。

毛穴周りを柔らかくする毛穴体操を週に2,3回行うことで、角栓が取れやすくなっていきます。

毛穴体操

①ローズヒップオイル、ホホバオイルなどの保湿効果があるマッサージオイルを適量手になじませる

②角栓の気になる部分(Tゾーン、小鼻など)を人差し指、中指それぞれの指先の部分で小さい円を描くようにやさしくマッサージ

③同様にやさしく肌を伸ばすように左右の指先で肌を上下、左右に引っ張ったり、寄せたりして肌をマッサージ

 

マッサージには肌の負担を軽減し、保湿効果を高めるためにもマッサージオイルを使用しましょう。

今、はやりの万能オイルであるホホバオイル、美白効果なども期待できるローズヒップオイルなどがおすすめです。

 

・注意したい点

①日々の洗顔は合成界面活性剤の入っていない固形石鹸がおすすめです。
(昔ながらの牛乳石鹸もおすすめです)
週に1~2回程度で、酵素洗顔料で洗顔がいいです。
③ピーリングは肌への負担がないもの、ジェルやクリームタイプがおすすめです。

 

鼻の黒ずみケア商品おすすめランキング5選

鼻の黒ずみケアだけではなく、お顔の毛穴ケアも考えて肌に負担のない安心・安全な成分で保湿効果にも優れているものがランキングに入っていて人気です。

■第1位:健康コーポレーション/どろあわわ

内容量:110g
参考価格:2,980円(税別/単品購入価格)
毎月定期購入価格:1,490円(税別/初回価格)
成分:マリンシルト・ベントナイト・大豆成分・コラーゲン・ヒアルロン酸

沖縄では昔から美容効果があるとして知られているマリンシルトが毛穴の汚れに吸着効果、そして海底にたまったいる国産のベントナイトという泥の成分が毛穴洗浄とひきしめ効果をもたらせてくれる、洗浄+保湿効果の洗顔料です。
鼻の黒ずみケアでは一番人気の洗顔料です。

 

■第2位:長寿の里/然 よかせっけん

内容量:88g
参考価格:1,944円(税込)
毎月定期購入価格:1,705円(税別)
成分:コラーゲン・アロエエキス・22種類のアミノ酸・緑茶エキス・ウーロン茶エキス・黒砂糖・ローヤルゼリー・グリチルリチン酸ジカリウムなど。

ミネラル豊富な火山灰を洗顔料に摂りいれて有名になった洗顔料です。
天然成分が毛穴の汚れに吸着し、ニキビケアにもなります。
なにより、保湿の面でも成分が充実し、洗顔後の肌はもちもち、そしてくすみ知らずと評判です。
鼻の黒ずみケアの面でもおすすめです。


つかってみんしゃいよか石鹸

 

■第3位:SHELLWOMB/アルファピニ 28 コーラルクリア パウダーウォッシュ

内容量:45g
参考価格:3,150円(税込/通常価格)
毎月定期購入価格:2,520円(税込)
成分:天然サンゴ・パパイン酵素・クマタケラン、シルク

天然サンゴとパパイン酵素の成分で毛穴・角栓・ニキビ・そして、洗った後はくすみ解消効果もあり、美容成分で保湿効果も高い洗顔料です。
酵素パワーが鼻の黒ずみケアに効果大です。



■第4位:サンソリット/スキンピールバーハイドロキノール(ピーリング石鹸)

内容量:135g
参考価格:5,400円(税込)
成分:AHA(フルーツ酸)・BHA・ハイドロキノン配合

話題のAHA配合でピーリングに特化した石鹸です。泡立てて、その泡を顔に乗せて2~3分そのままの状態でその後、洗い流します。週1~2回で効果が期待できます。肌のくすみ、肌の黒ずみケアにも効果が期待できます。

■第5位:マナラ/ホットクレンジングゲル

内容量:200g
参考価格:4,101円(税込/通常価格)
毎月定期購入:3,283円(税込)
成分:アスタキサンチン、ビタミンE、酵母エキス、ローヤルゼリーエキス、アルブチン、など

90%近い美容成分配合でエイジングケアにも効果が期待できます。
まるでホットタイルをしたときの様な使用感と話題になっているクレンジングゲルです。顔に塗ると温かいその使用感で毛穴が開き、中に入り込んで汚れを浮き上がらせてオフしてくれる肌にもやさしいクレンジングです。



 

【まとめ】鼻の黒ずみケアは放置厳禁

 

いかがですか。

鼻の黒ずみの正体と原因を知り、自分の状態を理解した改善をしていきましょう。

鼻の黒ずみケアに大事なのは、正しい洗顔と効果のある洗顔料、そして保湿です。

日々のケアが大事という事を忘れないようにしたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

ここからボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ここからボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*