1. TOP
  2. スーパーで普通に目にする甘酒も実はスーパーフードだった!甘酒のすごい効果と効果的な飲み方!

スーパーで普通に目にする甘酒も実はスーパーフードだった!甘酒のすごい効果と効果的な飲み方!

甘酒は今では近所のスーパーなど、どこでも手に入る栄養満点な発酵食品です。

そんな甘酒が、今スーパーフードとして人気が高まってきています。

夏バテなどにも効果があり古来から大人から子供まで幅広い層で飲まれている甘酒、昔の人は体感的に体に良いことが判っているんですね。

甘酒に含まれている、麹のお陰で食物繊維が豊富に入っているため、腸内環境を整えてくれ、さらには美肌にも繋がります。

今回はそんな甘酒の栄養、美味しい飲み方、甘酒の種類など様々な面から甘酒を飲むとどのような効果があるかをご紹介させて頂きます。

 

甘酒とは一体どういうもの?

甘い「酒」という名から、酒粕からできているものだと思われていますが、実は甘酒には2種類あります。

酒粕からできているものには、もちろんアルコールが含まれるのですが、米麹(お米)から作られている甘酒もあり、そちらはアルコールが含まれていません。

それぞれについてもう少し詳しくご説明します。

酒粕を使用して作られた甘酒

市販で売られているものはソフトドリンクに分類されますが、わずかながらアルコールが含まれています(1%未満)ので、子どもや運転される方は摂取しないでください。

おおよそ市販の缶入りタイプの甘酒は、こちらのタイプとなります。

こちらの酒粕で出来ている甘酒には、「砂糖」と「水」を加えているので、カロリーが米麹から出来ているものより、高めになります。

なので、今流行りの「甘酒ダイエット」を試したい方には、おすすめできません

また酒粕には「レジスタントプロテイン」を多く含みます。
レジスタントプロテインとは、食物繊維の一種で消化されにくいタンパク質という意味があります。
コレステロールなどの脂質を含んで便として排出してくれます。
消化吸収されることなく、油とともに排出するので便秘解消に良いと、言われています。

なんと酒粕にはお米の4倍のレジスタントプロテインが、含まれているのです。

酒粕タイプの甘酒には、生姜入りタイプの物が販売されているので、寒い季節には皆さんは良くこの「生姜入り甘酒」を購入されるのではないでしょうか?
生姜が入っている事もあり、体内から温めることが出来るので、寒い時期にはおすすめです。

米麹を使用して作られた甘酒

最近ようやく市販の甘酒でも米麹のものも見かけるようになりましたが、酒粕が原料の甘酒との大きな違いは、ノンアルコールであるという点です。そのため、子どもからお酒が弱い方まで幅広い世代で飲むことが可能です。

こちらの米麹で出来ている甘酒には、「水」と「米」を加えているので、砂糖が入っていないのにも関わらず、米本来の甘みを感じることが出来ます。
中には米麹を使用している甘酒にも、少量の砂糖が入っている可能性はありますが、酒粕で出来ている甘酒に比べると、カロリーは断然低くなり、トロミがあるので満腹感を感じることが出来ます。

ただ米麹から作られている甘酒は、酒粕使用の甘酒に比べて価格が少し高めになります。

米麹タイプの甘酒には、先ほども紹介させて頂いたように、「低カロリー」、「ノンアルコール」といった点が特徴となります。

そのため、子どもの離乳食や、妊婦の方の栄養補給に役立ちます。
麹に含まれる「コウジ酸」には、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあるので、美肌・美白効果が期待できます。

さらには、砂糖ではなく「ブドウ糖」が含まれています。

ブドウ糖が含まれているので、少量で満足ができ、食べ過ぎ防止に繋がります。
ブドウ糖はエネルギーとしている使われるため、糖が体内に溜まりにくいということから、「甘酒ダイエット」に向く発酵食品なのです。

 

次のページからは今大流行の甘酒、人気となっている4つの効能についてご説明します。

\ SNSでシェアしよう! /

ここからボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ここからボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*